忍者ブログ

[PR]

2020.06.01 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/09/21 Kyoto IDOL Carnival Vol.7&8@シダックスよしもとANNEX

2013.10.14 - 合法幼女症候群
な、なんと!!!!


突然の京都!!!!


そうなんです、京都に遠征してきました。
もちろん合法幼女症候群のために!


いろいろありまして合法幼女症候群エモい武者修行@京都&大阪なるものが決行されることになりまして、今回はその第一陣京都なのであります!


とはいえ、この武者修行を全通する564はさぼやんさんと僕だけwww
この初日はまさに2人vs2人な感じのライブだったわけです。
そんなときに現れたのが、、、



さっちゃん!(←表参道での記事参照のこと)



じゃなくてSKETCHのヲタさんだったわけです!


この日の会場がフリードリンクだったことをきっかけにして喫煙所で話しかけてみたら、
イカツイ見た目(←失礼w)とは裏腹にものすごく気さくな方でお互いのライブを盛り上げて行きましょう!と意気投合してライブに臨んだのでありました。

コミュ障人見知り野郎頑張りましたよ!

結果、モッシュもたくさんの人が入ってくれたし、
広い会場をわずかな時間ですがロリシンの世界に出来たと思います。

このときモッシュでこけたの専ヲタとして恥ずかしかったw


初遠征ということで気合い入りまくりな二人のパフォーマンスも初見さん方を頷かせる出来だったと思います。


物販では閑古鳥という言葉がぴったりなくらい寂しい感じでしたが、
その分2人と沢山話せたのは怪我の功名ってことにしておきます。

これまで東京での物販は毎回賑わってきて、並行して物販をしているアイドルを完全に喰う勢いでしたが、
初めて「干され」というものを味わって二人にとってはいい経験になったんじゃないでしょうか。

もちろん二人も色々な経験があるわけで人生初干されというわけではないだろうけど、
合法幼女症候群の名前を冠してからは初なわけで、
きっと胸の中で雪辱を誓ったんじゃないかな、とか勝手に思っています。

干され干され言いまくってますが、
何枚かCDも売れたしNo.564も増えたしやはり期待値大きく待ってくれている人もいるんだなということも改めて実感した次第です。



ただ、ああいう音楽性でライブもモッシュが起こる以上、
どんなに良いライブをしてもガチアイドルを観に来ている人を一気に取り込むっていうのはなかなか厳しいグループなのかなとも思っちゃいました。

極端な話、普段からヘヴィな音楽は聴かなくてバーサスキッズとか夢アドを推しているような人が、
ロリシンのライブにいきなり感動して物販きました!なんてことは望み薄なのかな、と。

これは、クロワッサンみたいな曲があってもメインがfour session系で名が通っている以上避けられない事のようにも感じます。

逆に言えば、
フルポシェとかアンクレみたいなヘヴィ好きなヲタが主流なグループだったりBiSやパティロケみたいなロックテイストのアイドルソングにも耐性を持っているヲタが多いグループとの対盤だとか、
従来のアイドルが弱さを露呈していたバンドとの対盤では強烈なインパクトを残して新規ヲタを引っ張ってこられるのではないかということです。
同様に、アイドル以外の現場から沢山呼べる可能性を持っているという事でもあります。

まさに新境地を開拓していくアイドルというわけですね!


長くなりましたが、楽しい第1部でした!


メンバー一部感想つぶやき
Rina


さて、二部の開始です!

二部はひびきくんとなるちゃんも合流して心強い中で臨めました(笑)


二部も客層は大きく変わらなかった(Aell.ヲタがたくさんいましたが出番後すぐに鳥取へ飛び去って行きました)ため、一部でノリを掴んでくれた関西のお客さんがさらに盛り上げてくださいました。


物販は若干増えたものの相変わらずでした。

だからこそCDの1枚だったり会員登録の一つの重さ、大切さがヲタながら実感できたと思います。

メンバーもCDが売れた時はスゴい喜んでいたし(もちろん東京でも喜んでいますがw)、
丁寧にヲタさんの話を聞いて自分たちの事ももっと知ってもらおう、とする姿勢がビシビシ伝わってきました。

これは後日談というか、戻ってきてから東京での物販を眺めていて感じたことなのですが、
明らかに一人ひとりへの対応が丁寧になったような気がします。

当然、以前から二人は丁寧な対応でしたが、
最近は物販列が混む事もあってヲタ対応よりは物販作業(CDを用意したりサインしたり)に追われていたのかなと思います。

それが、遠征から戻ってきてからは混んでいても物販の作業をこなしながらしっかりと話を聞いて目を見て2対1の世界の中で対応するようになった気がします。

「気がします。」ばかりだしw、メンバーからしてみたら昔から真剣に丁寧に話聞いていたよ、と思われるかもしれませんが...

変な話、メンバーとヲタが物販で話している時、オーラに包まれているような気がするんですよね(頭大丈夫かwとか言われそうwww)。

つまり、ヲタ目線で言えば「自分とメンバーだけの世界」が作り上げられている、ということです。
上手く説明できねえぞ!カモン語彙力アンド表現力!!!!


ま、いっかー。


そんな感じでいつもとは全然違う合法幼女症候群が味わえた一日になりましたとさ。めでたしめでたし。


そういえば、S-Qtyのライブで愛理ちゃんが投げてくれたきびだんごを2個もキャッチできたのでりなちゃんとなっちゃんにプレゼントしました。
コーンスープしか飲んでないのに偉いよね←

そのあと夜中ネカフェで空腹に襲われているとき、若干後悔していたことは内緒です。


終演後メンバー感想ツイート
Natsumi
Rina

2013/09/21 シダックスよしもとANNEX 第一部
0. overture
1. four session
2. My Precious Life
3. 凶悪なるクロワッサン~乙女達のダイエット戦争~

2013/09/21 シダックスよしもとANNEX 第二部
0. overture
1. four session
2. eien no Labyrinth
3. 凶悪なるクロワッサン~乙女達のダイエット戦争~


武者修行2日目へ続く。

拍手[1回]

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
HN:
KJ
性別:
非公開
 合法幼女症候群 on タワレコ 
NO 合法幼女症候群 NO LIFE
『合法幼女症候群』エモとモエ(萌え)を融合させた新感覚のRinaとNatsumiによる"モエーショナル アイドル
 TOWER RECORDS