忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.09.23 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014/2/9 アキバ無銭 Vol.2@AKIBAドラッグ&カフェ

2014.02.24 - nIo


WE




AREEEEEEEEEEEEEEEEEEE














いやいやいやいや











nIo!!!!!!!!!!!!!!!!








でそんなにお馴染みではないnew Idol orderさんの東京遠征のライブレポをお届けいたします。


今回の遠征はこの半無銭イベントのみの出演のためだけの遠征という事で
先月のキネマ倶楽部(レポはこちら)でのライブに引き続きお金にならないのに有り難いです。


とはいえ今回のイベントではnIoはイベント終盤の出番ということもあって
より多くの方に観てもらえる機会なので
一人でも多くの琴線に触れて帰ってもらいたいと思っていました。

ただ、nIoの場合は100%好きか100%嫌いか分かれるタイプだから
下手に日和ったところでマイナスにはなれどプラスにはならないわけで
それなら極北を目指してほしいとも思っています。



↑この人たちもグラインドコアの極北とか言われていたなあ...ブレント帰ってきてー...



そんなわけで、、、


まずは挨拶代わりに登場と同時に司会進行役の小学6年生東京都民ゆめみんを襲撃するnIo一同。


「何が東京都民だよ」

と言いながらゆめみんの来ているゆめみんTシャツの「東京都民」の部分を油性ペンでバツで潰し
「石川県民」に改定。

タイガーマスクも被せ散々イジメた揚句

「さっさと引っ込め!」

と小学生に怒声を浴びせる石川県民。



お前ら大人げないぞ!もっとやれ!!!←



冒頭でnIoの3人が話している時に舞台袖からゆめみんが再登場し
3号を叩いて逃げるように引っ込んでいったのが可愛らしかったです。

3号は

「ぶっ殺すぞ!」

とキレていましたが、そんな3号も可愛かった...



さんごぉおお...あ、ここではそんなキャラじゃなかった...



そんな寸劇から始まったアキバ無銭のステージ。
1号によるお馴染みの口上に導かれてWho's Nextが始まると途端に空気が一変。


すでにヲタはダイブしたりモッシュしたりやりたい放題。


もちろんこの日もアキドラは椅子席があり客入りもいつも通り賑わっていたのですが
こういう事態を予測していたのか椅子席最後列は空いてましたw



Who's Nextは初お披露目以降、
何度も聴いてきましたが
この日の1号のサビが一番心に響きました。

今まではサビのキーが1号には低すぎるのかなと思っていましたが
この日は単純に声量が上がったことに加えて声が太くなったことで抑揚もはっきりした印象でした。

色もの扱いされて話題になると実力部分の努力を怠るケースは多いけど
冷静に弱点と対峙ししっかりとブラッシュアップしてくる辺り、
1号様素敵です。


曲後、ヲタが3号にゴムパッチンされるゆーとぴあ芸を挟んだ後




3号のコールで絶望ビリーに突入。


この日も2号はスクワットでダイエットに励んでいました(違

途中でヲタのダイブ&胴上げを羨ましく思ったのか
3号がピットに来て胴上げしてもらってました。

曲がりなりにも3号だってアイドルということで
みんな気を使ったのかお尻を支える人がいなかった結果、
くの字のまま体が沈んでしまい綺麗な胴上げには出来ませんでしたが
3号は満足げに帰っていきました


ちなみに前回のキネマ倶楽部で初披露した時に大サビのナヲさんパートにリフレイン前のパートをすっ飛ばした問題ですが、
この日は2号がしっかり歌っていたので2号がすっ飛ばしてしまったということなんでしょうかw
物販で聞けば良かった。


絶望ビリーが終わると2号が息を切らしながら

「私はこんなことやりたくてアイドルやってるんじゃない」

とか言いだしてちょっと不安が過りましたが、

「もっともっと上を目指していく」

と語りつんつべ♂フェスとウタ娘の告知に繋げる決意表明だとわかり一安心しました。

少しグダグダな部分もありましたが
そのことが余計に2号の熱い気持ちをリアルに体現していて感動しました。


その熱い気持ちのままに2号がぶっ生き返すをコール。

これがカッコ良かった。

今まで2号には「可愛い」という感情がメインで動いていたんですが
決意表明に続く魂からの「ぶっ生き返す!!」の叫びには
ただただ拳を振り上げることしか出来ないくらい
「カッコいい」という感情のまま心を揺り動かされました(やや盛りました)。


この曲の頃には椅子席も荒れだして立ち見エリアドセンは無法地帯状態。

個人的には楽しすぎるんだけど傍目には迷惑なんだろうなw
心からnIoのライブを感じていればこうなるのも理解してもらえると思うけどw

nIoの特性として嫌いな人はトコトン嫌いだろうし好きな人はアホみたいに好きになるだろうし
これからも「何でもあり」な状態が続いてくれれば有り難いんだけどな。


案外、「何しても良い」っていうのは「何かしなきゃいけない」にいつの間にか変わっていることが多くて
つまらなくなるからそれだけが心配(どこの現場の事だろう...w)。



ぶっ生き返すが終わり、続いて1号が熱く語り出しました。

2号同様、nIoで高みを目指すという内容でしたが1号の方が威風堂々とした雰囲気でカッコ良かったです(笑)


そして最後に1号が叫んで繰り出されたのはシミ。

もはや自分の中ではシミはホルモンの曲ではなくnIoの曲なんですが(もちろんホルモンのライブも数えきれないくらい観てますが)、
ライブで聞くたびにその想いは強くなっていきます。

いつも2号が客席に乱入しにいく最後のBメロでは
2号を椅子の上に立たせてその周りをヲタがサークルモッシュしていました。


ここまで4曲、熱すぎるライブを魅せてくれたnIo。
持ち時間が25分だったのでもう1曲楽しみにしていたのですが
突然C-Styleが乱入。

ひと悶着あって「We are nIo!We are No.1」コールをした後に引っ込んでいきました。

このnIo vs. C-Styleの模様は下の動画でご覧になれるので是非。




C-Styleもパフォーマンス、キャラ作りツボにハマるグループだったので今後もnIoとの絡みに期待です!


総括:アキバ無銭最高だった!!!


以上。


ライブ関連ツイート&ブログ
1号:ツイートブログ
2号:ツイート1ツイート2
3号:ツイート1ツイート2ツイート3ツイート4ブログ
公式:ツイート1ツイート2ツイート3ツイート4ツイート5ツイート6

2014/2/9 AKIBAドラッグ&カフェ
1. Who's Next
2. 絶望ビリー
3. ぶっ生き返す
4. シミ

拍手[0回]

PR

2014/1/13 GIRLS×GIRLS×GIRLS 1部&2部@東京キネマ倶楽部

2014.01.15 - nIo


キネマの写真使い回し。



はい。。。


でも、いつ撮ったやつか分からないので
ここで使うのが正解かもしれないし!!



細かい事は気にするな!!


それ!



わかt(ry








ゆってぃ...






1部



今日は鴬谷でnIoが朝から拝めるという事で
そこそこ眠たい目をこすりながらやってまいりました。


朝一発目という事で会場は当然ながら閑古鳥が鳴く有り様。


せっかくnIoが観られるというのにもったいないなあ、なんて考えていたら
いつものように1号からの登場ではなく2号と3号のみ登場。

殺せ殺せコールから始まったのは聖飢魔IIのJack The Ripper。

東京で歌うのは始めての曲でしたが、
3号のイカレっぷりが堪能できる良い曲ですw

途中で3号が笑いだして歌えなくなる一幕も。
(実は2号の歌の下手さ加減に吹き出したとのことw)

曲が終わっても殺す殺すと叫びまくる3号。

そんな中、舞台の後方から1号が登場。

2号が思わず

1号カッコいい登場の仕方だなw

と呟くぐらいの貫禄ある登場でした。

そしてまずは1号、

おい、3号!殺す殺すうっせーんだよ!

と一喝。

続いて

二人だけで歌うなんて聞いてねえぞ!

と二人を睨む1号。

この寸劇がみられただけで満足ですw


そうこうするうちにスタンドマイクがセットされ二曲目の準備。

3号から

おいお前ら、あの、あれ、いつもの回るやつやれよ

と一言。

人少ないけど、というよりほぼnIoヲタしかいない会場だけど、
3号のその言葉に応える準備は万端です。

そして始まったのはぶっ生き返す。

サークルモッシュは5人ぐらいでしたが
全力で走って3号の期待に応えました!w

そんな様子を見た3号は

お前ら、あのモッシュとか言うやつ?あれ人数少なすぎて駆けっこみたいだったな(笑)

とコメント。

まだ何か言いたげに客席を見つめる3号に1号から

3号、時間ねぇから

と諭されCDの告知へ。

いまCD作ってるから完成したら1000枚買えよ

と言う3号に対して、買うよー!と言ったヲタを晒し上げて

おまえら、今買うって言ったあいつの顔覚えとけよ

と3号。

そんなCD告知も終わりシミに突入。

テンションが上がりきった2号と3号がステージを下りてサークルに乱入。

個人的な報告ですが、
曲の最中、3号にバットで殴られ2号にも殴る蹴るの暴行を加えられました。
ごちそうさまでした。

最後は2号と3号混ざってのサークルモッシュ。

相変わらず仁王立ちで微動だにしない1号とのコントラストが見事でしたw

ライブを重ねるたびに三者三様の良さが見えてくるとともに、
その良さがどんどん伸びていくのが感じられます。

個人的には最初は3号のインパクトが強かったnIoだったんですが、
今では3人の個性が愛おしくてたまらないですw


ライブ後はそんな愛おしい3人がいるキネマ倶楽部を離れ、
一旦上野BRASHでロリシンのライブを楽しんできました。

それから再び鴬谷に戻り2部の開始です。



2部


2部も2番目の出番で客入りは1部に毛が生えた程度。

1部がnIoヲタしかいなかったような状況だから、
新たに好きになって2部も観ようなんて人はいなかっただろうし、
キネマのイベントでは当たり前の光景ですがねw

そう考えると既存のクズのためだけに遠征してきた様な感じ。
ホントにありがたいですw

2部はいつも通り1号が先頭を切って登場。
ただ、いつものコートを羽織らずにTシャツで登場。

すると3号が

1号様、1号様

とスネ夫のように媚び諂いながら(←めっちゃ可愛かったw)
コートを持って登場し1号に羽織らせていました。

1号から

お前臭いからあっち行け!

と罵倒された3号でしたが2号から飴を貰ってご機嫌になり

1号のコートも臭いけどな

とポツリ。

すかさず

うっせぇー!

と1号に怒られる3号でした。

3号が2号から貰った飴を大切そうにステージに置き
1号による正義がどうたらこうたらの口上に続くのはWho's Next。

今更気がついたんですが、
おそらくあの正義がなんちゃらの口上とWho's Nextはセットなんですね。

この曲は2号のホイッスルボイスと3号のグラントの掛け合い、
そして1号のサビのカッコよさが素敵です。

少し1号にはキーが低すぎる気がするけど
音楽素人だから詳しい事は分かりませんw


Who's Nextに続いて1号から

次は初めて披露するカバー曲だ

と一言。2号からは

曲の途中のフリでスクワットするところがあるからお前らもやれよ

と命令。

そしてかかってきたのは絶望ビリー。


nIoにホルモンのカバーしてもらうなら次は絶望ビリーだなと思って
シミ、ぶっ生き返す、爪爪爪と共にプレイリストに入れて聴きまくっていた曲だけに
めちゃくちゃテンション上がりました。


スクワットのタイミングは
「免罪のワールド 制裁のワード」
でしたw


ナヲさんパートは2号、
ダイスケはんは3号、2号、
亮君が1号
という大まかな振り分けはいつも通り。


最後の大サビのナヲさんパートは1号でしたが2回繰り返す
「Dancin' 心臓のBloody~」
の1回目は歌わなかったので忘れていたのかもしれません。


それはともかく、
やはり絶望ビリーはnIoにピッタリハマっていてカッコ良すぎました。


そんな2曲目が終わりMCで3号が

今日は機嫌良いから誰かの悩み聞いてやってもいいぞ

とモニターに足をかけながら提案。

すると1号が手を挙げ

1号、どんなにテンション上がっても2号とか3号みたいに動いちゃダメなんだ

と悲しそうに発言。

3号が

1号はボスの命令で動いちゃダメって言われてるんだ

と補足すると

1号はさらに

どうやって動いたらいいんだ?いつも動いてないから分からないんだよ

と3号に質問。

すると3号が

じゃあ3号のマネしちゃえばいいんだよ

と提案。

それを聞いた1号は

良いのか?!じゃあ今日だけ特別だからな!

とはしゃぎながらシミをコール。

序盤は多少動くにすぎなかった1号ですが、
途中でコートを脱ぎ捨てると1部の2号、3号のようにフロアに下りてきてサークルモッシュに参加。

そのままフロアに居座り続け、
バットでヲタをなぎ倒したりシャウトしたり
静のイメージが強かった今までの1号からは考えられないくらい
動の姿を見せつけ思う存分楽しんでいました。

シャウトは2号、3号に負けない本気具合で驚きました。

そしてサークルモッシュで走り回っていた時の1号の笑顔が忘れられないですw

曲後半では1号にハートケチャしたらハートケチャ返ししてくれたり
限りなく素に戻りかけていてとてつもなく可愛かったですw

そんな盛り上がっていたフロアの一方で
ステージ上では3号が1号のコートを着て2号とはしゃいでいました。

どこまで仕込みなのか、どこからアドリブなのか知らないですが、
毎回パフォーマンスで熱くさせてくれて、
MC等で笑わせてくれる3人は凄いです。


新たなカバーの披露、1号の覚醒、
nIoの新たな可能性を見つけられたライブとなりました。


1部、2部合わせてわずか30分ほどでしたがホントに濃い時間になりました。

そして何より、1部、2部ともに早い時間帯での出番にも関わらず
地元のイベントの出演をキャンセルしてまで来てくれて、
全力で熱いステージを盛り上げてくれた3人に感謝です。


もっと頻繁に東京来てほしいなあ...


公演後ツイート、ブログ
公式
1号ブログ
2号2号2
3号3号23号33号43号5ブログ


2014/1/13 東京キネマ倶楽部1部
1. Jack The Ripper (1号ハブられver.)
2. ぶっ生き返す
3. シミ

2014/1/13 東京キネマ倶楽部2部
1. Who's Next
2. 絶望ビリー
3. シミ

拍手[1回]

 プロフィール 
HN:
KJ
性別:
非公開
 合法幼女症候群 on タワレコ 
NO 合法幼女症候群 NO LIFE
『合法幼女症候群』エモとモエ(萌え)を融合させた新感覚のRinaとNatsumiによる"モエーショナル アイドル
 TOWER RECORDS