忍者ブログ

[PR]

2020.06.01 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/11/03 紅葉賀祭@びわこ学院大学

2013.11.12 - 合法幼女症候群
ついに!ついに!


合法幼女症候群が学園祭に登場です!!



その他有名アイドルとしてプレッシャーのかかる中(←絶対ないけどw)、
そして日本一公の場に出ちゃいけないような名前のアイドルとして
学園祭という完全アウェーの中で何が出来るのか楽しみであります!



ではまずはこちらをどうぞ!

















いかがですか?


え?最後のおばちゃんがエモい?
(おばちゃんフリ素化ごめん。苦情は受け付けます。)


いや、そうじゃなくて風景に注目してほしかったんですが。


どうですか、この牧歌的な雰囲気。


実際徒歩1分の最寄り駅は廃線間近の空気を漂わせた閑線でしたし、
シャトルバスの車窓から眺めた
近江八幡から大学までの景色はザ・田舎!という感じで
「こんな場所にある大学通いたくねえなーいなー」
と思わせてくれるびわこ学院大学の洗礼でした。
(学生さん、設営スタッフさん含めびわこ学院大学自体は素晴らしい学府でした!)


でも、、、じゃなくて、しかも!
大学の外装、設備などが非常に綺麗で
小さい子供が多く来場していたこともあってますますロリポシェに似つかわしくない印象w


とはいいつつ、ある程度こういう展開は予想していたのでヲタ側は色々ネタで楽しもう、
という流れになり


うまかっちゃん


すきやねん


という西日本の有名ご当地インスタントラーメンを近江八幡駅前の大型スーパーで購入。
(最近、近所のドンキに売っている事に気が付きレア感が失われてしまいましたが...)


さらに、滋賀といえばサラダパン!

のつもりでしたが湖南では火曜日限定入荷らしく購入できず。


無論、そこであきらめないのがヲタということで
バターコッぺ、たくあん、ラップを購入し手作りする事に。


手作りサラダパンの作り方(レシピ案:B級メタラー&こーじ)

1.バターコッぺを開いて市販のたくあんを並べる(重ならないように)。


2.並べたたくあんに満遍なくマヨネーズをかける。


3.コッペパンを戻しラップで包んで完成。


これホントに上手いのか?w

ニオイやばくね?

と言いながら、そうこうしているうちに手作りサラダパンは完成。


これにて食材系のネタは揃ったのでありました。


さて、お次は場内視察という気持ちでしたが、
当日はロバート、平成ノブシコブシ、かまいたちの3組による
お笑いライブがアイドルライブの会場となる体育館で行われていたので待機。


テレビで大活躍の人達が目の前にいるのに全然沸かないドルヲタ達www


それとは正反対に超満員の体育館。
お笑いライブチケットプレゼントにがっつく一般人!


この光景を見た限りではヲタ騒ぎ出来ないなーという雰囲気。


そんな不安を抱きつつお笑いライブは定刻にて幕を閉じたのでした。


すると、一斉に退場しだす一般人。


せめて一曲くらい観て行かないのかよー、とか思っているうちに場内はガラガラに。















は!待てよ...これは、、騒げ、、、る?












途端に滾り出すヲタの厄介根性。


手当たり次第にネタに使えそうなものを探し、
サークルの規模の打ち合わせなんかもしつつ
ロリシン in 平和な学園祭に胸を高鳴らせるのでした。


始まる頃には一般の女の子のグループが体育座りで下手側に固まっていたものの
他の一般人は壁際で遠巻きに眺めよう、という姿勢。
サークルピット予定地におじさんが胡坐かいていたんですが、
何か嵐の前の静けさ的な空気を察知したのかいつの間にかどこかに捌けてくださいました。

おじさん、それ、正解ですよ。




舞台幕が開いて間もなく、
そんな争いとは無縁の空気を切り裂くようにovertureが鳴り響きました。


アイドルとは似ても似つかない重低音に
一般人が途端に不穏な空気に包まれていったのが忘れられませんw


りなちゃんは

「可愛いアイドルを想像していた人はびっくりかもしれませんがw」

的なことを言いながら数少ないヲタに向けて全力で煽りをかけていました。


おそらくロリシン史上最大キャパ()の会場で最大級に広がったWoD(人数は...)。


りなちゃんのデスボとともに走り出すヲタ。


それを目の当たりにしてビビる一般人。


中には怖くなったのか後ろに逃げ出す子供もw


そんなことにはお構いなく通常のライブハウスのノリで楽しんじゃうヲタ。


なんなんでしょうかね、このヤバいのに平和な空気。


こればかりはその場にいないと味わえない空気でした。


メンバー二人も舞台から降りて煽り早くもテンション高くなってたようです。




再び舞台へ戻るとき、
トラメガを抱えたりなちゃんはなかなか舞台上に登れず
「あんなカッコつけて歌ってたのにダサ可愛いw」
とでも嘲笑うかのような失笑が一般人から漏れ聞こえてきました。

相変わらずさりげなく登るなっちゃんの画もシュールでした。



この日の自己紹介MCは

り「Rinaです」

な「Natsumiです」

り・な「合法幼女症候群、これでもアイドルです!」

のグダグダしたバージョン。


また、会場の音響が普段のライブ会場とは違うせいか
モニター音が聞こえないとのことも話していました。

少なくとも一曲目ではそんな影響は感じさせない滑り出しでしたけど。


そんなMCに続くeien no Labyrinthでは
サビ1でいつも通りの超高速サークル、
サビ2で会場をフルに活用したシャトルラン
サビ3でビーチフラッグ
といういつにも増した運動会ぶり。

会場の一般人からも若干の笑いがw


3曲目のPunk Death SPANKではロリポシェ仕様でモッシュを実行したため
再びお母さん怖いよー的な温度になってしまいましたが...
(もしかしたら記憶違いでここもシャトルランだったかもしれません)


案の定、3曲目終わりのMCで

二人から

「運動会みたいだねー」

とこぼれるぐらいにこの日のロリポシェヲタは汗をかいていました。


最後のクロワッサンでは再び舞台下に降りてきたりなちゃん、なっちゃんに向けて

まーぼーさんを台車リフト


(↑こんなのに乗って)


して締めました。


他にも、この日は

・ロードコーン上ケチャ


・「登らないでください」の注意書きがされた梯子に登る

・ロードコーンの仕切り棒をサイリウムばりにふりまわす


・うまかっちゃん、すきやねん、サラダパンを掲げてMIX

という自慢にもならない遊びを各曲に渡って満喫しました。


ちょっと気になったのが、ヲタに渡したネタ食材のうち、
うまかっちゃんとサラダパンは全部戻ってきたのに
すきやねんは1袋しか戻ってこなかった事です。

これは関西でのすきやねん支持率の高さの表れと考えてよいのでしょうか。

食べたかったのになー...


サラダパンについては終演後、僕とB級さん、ほりえさんの三人でおいしく頂きました。

普通に美味しかったので皆さんも手作りサラダパンぜひお試しあれ!



このライブは人口密度から言えば
Mary Angelのヲタさんを除けば、
完全にロリシンとロリポシェヲタしかいないような環境で行われたのですが、
メンバーはしっかりとパフォーマンスを行い
ヲタは出禁覚悟の沸き方で楽しむ
というロリシンのライブの良さが存分に発揮された良いライブだったと思います。


アイドル現場ではないので、
多くの人が場内にいてもいなくても大勢に影響は与えなかったかもしれませんが
一般の方々にも観てほしかったライブでした。


テレビでは絶対に映らないこんなアイドル文化があるんだぞ、
しかもカッコいいだろ、
ヲタは予想以上に気持ち悪いんだぞ、
ということを多くの人に伝えられれば
学園祭でやる意義を全うできていたのかな、と考えた次第です。



それでも、この騒ぎを聞きつけたのか、
次のMary Angelあたりから人が増え始めていましたけどねw



終演後物販ではフルポシェの方が多く訪れていたのが印象的でした。


前回の滋賀遠征では一歩引いて観ていた印象の強かったフルポシェヲタの方々でしたが、
今回はサークルやモッシュもフル参加、
そして物販購入でも564より沢山お金を落としてくれて感謝でした。

これもひとえにメンバーのパフォーマンス、楽曲の良さが認めてもらえたことに加えて
メンバー同士の仲の良さが周知された結果なのかもしれません。

それに感化されたのか、564とポシェヲタも前回以上に仲良くなった気がしますw


フルポシェライブの楽しさも加勢したかもしれませんが、
初遠征組も大満足の様子でしたし、
素晴らしい一日のスタートになったと思います。



以上、ロリシン初学園祭でした。


終演後感想ツイート
Rina
P

2013/11/03 びわこ学院大学体育館
0. overture
1. four session
2. eien no Labyrinth
3. Punk Death SPANK
4. 凶悪なるクロワッサン~乙女達のダイエット戦争~

拍手[0回]

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
HN:
KJ
性別:
非公開
 合法幼女症候群 on タワレコ 
NO 合法幼女症候群 NO LIFE
『合法幼女症候群』エモとモエ(萌え)を融合させた新感覚のRinaとNatsumiによる"モエーショナル アイドル
 TOWER RECORDS