忍者ブログ

[PR]

2018.02.25 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/11/03 『アイドロック vol. 1』@滋賀U★STONE

2013.11.14 - 合法幼女症候群

前回の続き

学園祭後、銭湯に行って運動会の汗を流していた遠征組でしたが、
HHさんが男湯にいたガチ幼女に「反応」して湯船から上がれなくなり、危うく滋賀U★STONEに遅刻するところでした。


まじふざけんなよほ◯え


おかげさまで到着したころにはMary Angelが始まっていたので、
準備運動がてら参加。


そういえば、Mary Angelのメンバーがロリポシェのサークルモッシュに感化されていたみたいですねw



体も暖まった所でロリシンの登場です。


いつものように舞台袖から出てくる2人を待つ客席。

そんな中それは起こったのです。

当然のごとくovertureが流れWoDの準備をしようかと思っていた矢先の出来事でした。

下手の袖から金髪女子を先頭に二人組登場!

明らかにロリシンじゃないw

どよめく会場。

沸き立つフルポシェヲタ。

そうなんです、ロリシンのovertureに乗って登場してきたのはフルポシェの2人!

なぜか見た目で言えばRina寄りのみなみんが上手、Natsumiよりのずまたんが下手というポジション。


ロリシンの2人が出てくる雰囲気は全くなく

ずまたんの

「合法幼女症候群発症」

を合図にfour sessionがスタート。

564よりもフルポシェヲタの方が沸いているという逆転現象もあり、

参加率高めのWoD、モッシュと相成りました。

そのままフルポシェの2人が歌うのかと思っていると、声はRinaちゃんの声。

フルポシェの2人は煽りはすれど口パクはせずw(得意のはずなのに)

サビでのモッシュが始まり一向にロリシンのメンバーが出る予兆はありません。

しかし、ふと下手に目をやると階段から下りてくるりなちゃん、なっちゃんの姿が!

満を持しての登場に一層の盛り上がりを見せるロリポシェヲタ。

前回のeien no Labyrinthでのサプライズロリポシェの数段上を行く熱気に包まれたままフィニッシュを迎えるのでした。



客席の異様な盛り上がりを見てしたり顔なロリポシェの4人。

挨拶もそこそこに話題はフルポシェの2人の立ち位置の話に。

先ほど、なぜみなみん、ずまたんが見た目とは反対なポジションだったのか、について

ずまたん
最初は私がNatsumiでみなみんがRinaだったんですよー。でもみなみんが合法幼女症候群発症がどうしても言えなくて」

みなみん
「何回やっても合法タリータシンドローム発症って言っちゃうの!

とのこと。






なるほどー......ってなんねぇよ!w





と、ツッコミどころ満載の今回のロリポシェでした。



さて、苦肉の策でなっちゃんに寄せるために短い髪を一生懸命三つ編みにしたというみなみんと
予想以上に重たいトラメガを抱えてRina役を演じ切った(?)ずまたん
とは一旦お別れしてロリシン単独でのライブ開始です。



ここはいつもならeien no Labyrinthの流れでしたが、
この日は遠征に来てくれた人のために新曲のRiotを披露してくれるということに!



しかーし、歌詞を覚えきれていなかったということでカンペを持ちながらの初出しに。



これは、



うーん...



正直なところ、対盤でカンペはやってほしくなかった...



共演者への敬意とかはもちろんだけど、
ロリシンっていくらふざけててもメンバーのパフォーマンスだけは真面目にやるっていうイメージだったから。


それに、せっかく一体になりかけたフルポシェヲタの心を離さないためにも、
カッコいいロリシンを見せつけて欲しかったなー。


ワンマンならいくらカンペがあってもネタに出来る雰囲気あるだろうけど、
この日はアイドルだけではなくバンドもいたわけで。
バンドを観に来ていた方々(JDとか女性が多かったw)はフルポシェの方に好感持っちゃわないかなー、という心配も。

こんな複雑な気持ちもあったとはいえ、
仮歌の段階でカッコいい曲だということは知っていたし、
遠征前に公開されたインストver.でも期待感を煽る完成度だったので
突然聴ける事になって嬉しくなったのも事実です。



実際、始まってしまえば盛り上がりましたしねw


静かな長尺イントロから

「5、6、4」

のカウントで始まるヘドバンが合いそうなリフ。

そうなんです。
この曲はこの時確認出来ただけで「564」以外にも
「拳を振り上げろ」とか「Don't be afraid」とか
合法幼女症候群のファンクラブNo.564を煽る歌詞満載。

それだけで今後のライブで確実に定番曲になるであろうことが予想できます。


激しいリフからりなちゃんの咆哮の後
(トゥームレイダー!って聞えるwたぶんTell Me RIOT!!!とかそんな感じかな)、
ツーステ系のリフが炸裂。

ここでメンバーもツーステを披露。

あのツナギでツーステすると可愛いw

(先日観た生バンドだと冒頭のヘドバンパートでツーステして
ここでツーステしてなかったんだけど変わったのかな。それとも俺の記憶違いか。)

メンバーは歌詞はほぼ覚えきれていなかったけど、
それでもしっかりと煽ったりツーステしたり出来る限りのベストは発揮していたと思います。


良い曲だからこそ余計に完成系で聴きたかった気持ちは強いけど、
こんな状態で観られるのもなかなかないことだし、ってポジティヴに捉えたいと思いますw

メンバーの苦労を無駄にしたくないし、しっかり記憶に焼きつけておきたいとも思ったり。


今回観た関西勢やフルポシェのヲタさんたちが次にRiotを観た時に
衝撃を受けるくらいの進化を遂げられているはずだと信じています。


まあ楽しかったからいいじゃん!!!


だから、、、、、、、




























eien no Labyrinthで走ろうぜ!!!!



びわこ学院大学フルポシェでのサークルモッシュ Source @taketiyo89https://twitter.com/taketiyo89/status/396869855724322816, Retrieved on November 14, 2013


だから、、、、、、、、


























二番で環状線モッシュしようぜ!!!


Source: Unknown


勢いそのままにPxDxSもモッシュ対応!


やああああふううううううううう!!!!!!!!!!!


(べ、べつにレポ書くのめんどくさくなったわけじゃないよ!!!)


ここでMCで小休止。

お次はメンバー曰くしっとり系なMy Precious Lifeとクロワッサンという紹介。

りなちゃんがマイプレに関して

「この曲は後ろの方も折り畳みとかで参加できるので!」

と話していたところ、

「折り畳みってなんですか!」

と聞かれたりなちゃんが

「こんなのです」

と言いながら折り畳み披露。

からの

「恥ずかしーー///」

という反応がとても可愛かったです。


ちなみに聞いたの僕なんですけど、このブログでも頻繁に出てくるように折り畳み知ってました。
(普段Sっぽい子を赤面させて喜ぶタイプのSです←いらない情報なw)。


そんなどうでもいいことは置いといて、
マイプレは動が目立つロリシン曲において静の部分の魅力を際立たせた曲。

こういう曲も出来るんだぞ、ということを初見さんの多いライブで披露する事にはとても意味があると思います。
そして何より曲の世界に浸りながら身体も癒すことが出来る。

素晴らしき人生だ!

そんな深い余韻を残しながら、曲は最後のクロワッサンへ。

この曲でも持ち味の統制のとれたカオスを表現しきっていました。





Riotの初出しに少し引っ掛かる部分があったものの、
全体的には2度目のロリポシェ共演も成功に収めることが出来たと思います。

アンクレ、しずきずが路線変更するなどロックアイドル界の層が薄くなっている現在、
ぜひともこの2グループで引っ張っていってもらいたいものです。


そしてこのU★STONEをロックアイドル界の聖地に!(遠征ツラ...)

以上。



終演後メンバー感想ツイート
Natsumi
Rina

2013/11/03 滋賀U★STONE セトリ
0. overture
1. four session with FRUITPOCHETTE
2. Riot
3. eien no Labyrinth
4. Punk Death SPANK
5. My Precious Life
6. 凶悪なるクロワッサン~乙女達のダイエット戦争~

拍手[0回]

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
HN:
KJ
性別:
非公開
 合法幼女症候群 on タワレコ 
NO 合法幼女症候群 NO LIFE
『合法幼女症候群』エモとモエ(萌え)を融合させた新感覚のRinaとNatsumiによる"モエーショナル アイドル
 TOWER RECORDS