忍者ブログ

[PR]

2017.11.18 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年上半期お気に入りアルバム その2

2013.07.24 - 音楽全般
16.Skid Row 『United World Rebellion - Chapter One』
  ・世間的にどんな評価であれ快活な迷いのないサウンドが聴けただけで感涙
  ・のっけから「Monkey Business」の様なブチアガリ曲炸裂で失神寸前
  ・Johnny Solingerもこういうのずっとやりたかったんだよね(涙)
  ・欲を言えばもっとScotti曲が聴きたいですがね

Skid Row - United World Rebellion-Chapter One




17. 
Stone Sour『House of Gold & Bones Part 2』

  ・一大コンセプト作を完結させる第2弾
  ・楽曲単体でも完成しているのは前作と同様
  ・コリーの声は正義!

Stone Sour - House of Gold & Bones Part 2



18. 
Sujk『Arkhelism2』

  ・元DELUHIのSujkさんソロ作2枚目
  ・なんと!Ledaさん曲収録!それをJuriさんが歌っているとあっちゃあ神曲間違いないに決まっています
  ・1曲目からホーミー等、民族音楽度高めのサウンドでツボ
  ・バラードのレベルも高くSujkさんの作曲能力の高さを実感

   Sujk - Arkhelism 2



19. 
Tokami『Synchronicity』

  ・これまでのB級感から脱却して一段とクオリティを高めた傑作
  ・特に「憂鬱なる不確かな明日、微笑みの先についた嘘」は中間部のギタースクラッチが余計な気もしますが、確実に彼らの代表曲にのし上がる一曲

Tokami - Sychronicity



20. 
vistlip『GLOSTER』

  ・アルバム、ミニアルバム、シングル全てを含めて最高傑作といっても過言ではない完成度(どういうvistlipが好きかにもよるんでしょうけど)
  ・相変わらずvistlipを好きになればなるほど深く沁み渡る歌詞が素敵
  ・海さん大活躍!
  ・知らなければ瑠伊さん曲だとは誰も思わないであろう「Pinocchio」は痛快な歌詞含め強烈

vistlip - GLOSTER(lipper)



21.
アヲイ『絶望の太陽』

  ・オトギさんのVo力に磨きがかかりまくって大変な事になってるマキシシングル
  ・昨年のアルバム以降、確実に作曲力がワンステージ上がってますね

アヲイ - 絶望の太陽



22. 
さくら学院『さくら学院2012年度 ~My Generation~』

  ・今年の全アイドルの音源を霞ませた(あくまで個人意見ですがw)名盤
  ・「すいみん不足」の歌詞は当然オリジナルCHICKSの歌詞ではないけどこっちの方が可愛いから良いですね
  ・ユニット曲以降の全体曲は中元すず香さんwithさ学コーラスと言っても過言ではないくらい彼女の声が際立っていて素晴らしやーーーです
  ・言わずもがな「桜色のアベニュー ~from SUZUKA~」は上半期No.1アイドルソング
  
さくら学院 - さくら学院2012年度~My Generation~



23. 
ハルシオン『The Attitude of Devil -Incubus-』

  ・BORNに近い楽曲に若干の不安定さがカオスさを醸し出しているVoが見事な1枚
  ・上京後も順調に良曲を輩出するあたり、明るい未来が待ってそうですね

ハルシオン - The Attitude of Devil - INCUBUS-




24.
摩天楼オペラ『喝采と激情のグロリア』

  ・大々的なスケールのオーケストラサウンドを完全に掌握しきった見事なアルバム
  ・全メンバーが確実なスキルアップをアルバム毎に続けているのも凄まじいです

摩天楼オペラ - 喝采と激情のグロリア




25. 
兀突骨『影ノ伝説』

  ・サムライメタルバンドによる影武者を題材にしたフルレンス
  ・1曲目のイントロから黒沢映画のサントラな世界観、そして間髪いれずにいつもの猪突猛進サウンドへ転換
  ・相変わらず高畑さんのデスヴォイスは美しい
  ・Pink Floydのカバーも自然にハマっています

兀突骨 - 影ノ伝説



26.
12012『DEICIDA OF SILENCE』

  ・『12012』で変身したディル的メタル路線継続
  ・『SEVEN』の張り裂けるような(京さんのそれとはまた違った味わい)歌い方が大好きで、楽曲も一番魅力的だったと考えている自分にとっては複雑ですが、カッコいいから何も文句は言えませんw

12012 - DEICIDA OF SILENCE




詰み音源なども早々に消化して年末のレビュー時には間に合わせたいものです。

以上。

拍手[0回]

PR

Comment

TITLE:
NAME:
MAIL:
URL:
COLOR:
EMOJI: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
Password: ※1
Secret:  管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
 プロフィール 
HN:
KJ
性別:
非公開
 合法幼女症候群 on タワレコ 
NO 合法幼女症候群 NO LIFE
『合法幼女症候群』エモとモエ(萌え)を融合させた新感覚のRinaとNatsumiによる"モエーショナル アイドル
 TOWER RECORDS