忍者ブログ

[PR]

2017.09.23 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014/2/9 アキバ無銭 Vol.2@AKIBAドラッグ&カフェ

2014.02.24 - nIo


WE




AREEEEEEEEEEEEEEEEEEE














いやいやいやいや











nIo!!!!!!!!!!!!!!!!








でそんなにお馴染みではないnew Idol orderさんの東京遠征のライブレポをお届けいたします。


今回の遠征はこの半無銭イベントのみの出演のためだけの遠征という事で
先月のキネマ倶楽部(レポはこちら)でのライブに引き続きお金にならないのに有り難いです。


とはいえ今回のイベントではnIoはイベント終盤の出番ということもあって
より多くの方に観てもらえる機会なので
一人でも多くの琴線に触れて帰ってもらいたいと思っていました。

ただ、nIoの場合は100%好きか100%嫌いか分かれるタイプだから
下手に日和ったところでマイナスにはなれどプラスにはならないわけで
それなら極北を目指してほしいとも思っています。



↑この人たちもグラインドコアの極北とか言われていたなあ...ブレント帰ってきてー...



そんなわけで、、、


まずは挨拶代わりに登場と同時に司会進行役の小学6年生東京都民ゆめみんを襲撃するnIo一同。


「何が東京都民だよ」

と言いながらゆめみんの来ているゆめみんTシャツの「東京都民」の部分を油性ペンでバツで潰し
「石川県民」に改定。

タイガーマスクも被せ散々イジメた揚句

「さっさと引っ込め!」

と小学生に怒声を浴びせる石川県民。



お前ら大人げないぞ!もっとやれ!!!←



冒頭でnIoの3人が話している時に舞台袖からゆめみんが再登場し
3号を叩いて逃げるように引っ込んでいったのが可愛らしかったです。

3号は

「ぶっ殺すぞ!」

とキレていましたが、そんな3号も可愛かった...



さんごぉおお...あ、ここではそんなキャラじゃなかった...



そんな寸劇から始まったアキバ無銭のステージ。
1号によるお馴染みの口上に導かれてWho's Nextが始まると途端に空気が一変。


すでにヲタはダイブしたりモッシュしたりやりたい放題。


もちろんこの日もアキドラは椅子席があり客入りもいつも通り賑わっていたのですが
こういう事態を予測していたのか椅子席最後列は空いてましたw



Who's Nextは初お披露目以降、
何度も聴いてきましたが
この日の1号のサビが一番心に響きました。

今まではサビのキーが1号には低すぎるのかなと思っていましたが
この日は単純に声量が上がったことに加えて声が太くなったことで抑揚もはっきりした印象でした。

色もの扱いされて話題になると実力部分の努力を怠るケースは多いけど
冷静に弱点と対峙ししっかりとブラッシュアップしてくる辺り、
1号様素敵です。


曲後、ヲタが3号にゴムパッチンされるゆーとぴあ芸を挟んだ後




3号のコールで絶望ビリーに突入。


この日も2号はスクワットでダイエットに励んでいました(違

途中でヲタのダイブ&胴上げを羨ましく思ったのか
3号がピットに来て胴上げしてもらってました。

曲がりなりにも3号だってアイドルということで
みんな気を使ったのかお尻を支える人がいなかった結果、
くの字のまま体が沈んでしまい綺麗な胴上げには出来ませんでしたが
3号は満足げに帰っていきました


ちなみに前回のキネマ倶楽部で初披露した時に大サビのナヲさんパートにリフレイン前のパートをすっ飛ばした問題ですが、
この日は2号がしっかり歌っていたので2号がすっ飛ばしてしまったということなんでしょうかw
物販で聞けば良かった。


絶望ビリーが終わると2号が息を切らしながら

「私はこんなことやりたくてアイドルやってるんじゃない」

とか言いだしてちょっと不安が過りましたが、

「もっともっと上を目指していく」

と語りつんつべ♂フェスとウタ娘の告知に繋げる決意表明だとわかり一安心しました。

少しグダグダな部分もありましたが
そのことが余計に2号の熱い気持ちをリアルに体現していて感動しました。


その熱い気持ちのままに2号がぶっ生き返すをコール。

これがカッコ良かった。

今まで2号には「可愛い」という感情がメインで動いていたんですが
決意表明に続く魂からの「ぶっ生き返す!!」の叫びには
ただただ拳を振り上げることしか出来ないくらい
「カッコいい」という感情のまま心を揺り動かされました(やや盛りました)。


この曲の頃には椅子席も荒れだして立ち見エリアドセンは無法地帯状態。

個人的には楽しすぎるんだけど傍目には迷惑なんだろうなw
心からnIoのライブを感じていればこうなるのも理解してもらえると思うけどw

nIoの特性として嫌いな人はトコトン嫌いだろうし好きな人はアホみたいに好きになるだろうし
これからも「何でもあり」な状態が続いてくれれば有り難いんだけどな。


案外、「何しても良い」っていうのは「何かしなきゃいけない」にいつの間にか変わっていることが多くて
つまらなくなるからそれだけが心配(どこの現場の事だろう...w)。



ぶっ生き返すが終わり、続いて1号が熱く語り出しました。

2号同様、nIoで高みを目指すという内容でしたが1号の方が威風堂々とした雰囲気でカッコ良かったです(笑)


そして最後に1号が叫んで繰り出されたのはシミ。

もはや自分の中ではシミはホルモンの曲ではなくnIoの曲なんですが(もちろんホルモンのライブも数えきれないくらい観てますが)、
ライブで聞くたびにその想いは強くなっていきます。

いつも2号が客席に乱入しにいく最後のBメロでは
2号を椅子の上に立たせてその周りをヲタがサークルモッシュしていました。


ここまで4曲、熱すぎるライブを魅せてくれたnIo。
持ち時間が25分だったのでもう1曲楽しみにしていたのですが
突然C-Styleが乱入。

ひと悶着あって「We are nIo!We are No.1」コールをした後に引っ込んでいきました。

このnIo vs. C-Styleの模様は下の動画でご覧になれるので是非。




C-Styleもパフォーマンス、キャラ作りツボにハマるグループだったので今後もnIoとの絡みに期待です!


総括:アキバ無銭最高だった!!!


以上。


ライブ関連ツイート&ブログ
1号:ツイートブログ
2号:ツイート1ツイート2
3号:ツイート1ツイート2ツイート3ツイート4ブログ
公式:ツイート1ツイート2ツイート3ツイート4ツイート5ツイート6

2014/2/9 AKIBAドラッグ&カフェ
1. Who's Next
2. 絶望ビリー
3. ぶっ生き返す
4. シミ

拍手[0回]

PR

2014/2/16 ガールズサミットVol.6-Ride RIN卒業SP-@池袋Black Hole

2014.02.24 - 合法幼女症候群


雪が歩道にも残る中、池袋へ移動して夜の部です。

RideのRINちゃん卒業ライブということもあってか、
会場は早い段階で多くのヲタで埋まっていました。

会場がだいぶ熱くなってきたところでロリシンの登場。

いつものように流れるovertureに当然のごとくNatsumi&Rinaを期待していると
暗闇から現れたのはNatsumi&Saki from 2&!

そう!2013年のカウントダウンライブの物販で話題になった裏鰊が実現したのです!

しかも曲はまっさらブルージーンズwww

なっちゃんはあまり声量出てなかったけど、
そんなに練習する暇もなかっただろうにほとんどミスなく沸かせていました。

まっさらが登場するとほぼ同時にりなちゃんが登場。

Sakiちゃんは引っ込むと思いきやなんとそのままでfour session。

これまたカウントダウンで話題になった秋刀魚の実現!!!

難しい事は忘れて楽しめるサプライズは嬉しかったです。


鰊のライブはほとんど観られていないので、
久しぶりにfour sessionを歌うSakiちゃんを観たのですが
堂々とした立ち居振る舞いはもちろん、
歌もしっかりハマっていて成長を感じました。

一方でりなちゃんはドセンで思いっきり派手に転ぶなど相変わらずなボケっぷりw

MCだとSakiちゃんのボケっぷりに勝てる人はいないんだけど、
ステージでのカッコよさは説得力あり過ぎです。

余裕出来たら鰊観たいなー


four sessionが終わるとSakiちゃんはお役御免。

お疲れさまでした。

個人的には秋刀魚が観られたのはもちろん
3人のロリシンの姿というのも少しイメージ出来たので良いセッションでした。

続くvoiceではいつものガイコツマイクがなくて少し物足りなかったです。
たぶん、交通の便が悪くて荷物を必要最小限にしたためですかね。

トラメガみたいにフェードアウトしなければよいのですがw

最後のクロワッサンではあーりんのギャラパーを着ていた方をリフトしたり
多くの方々に(無理矢理)参加して楽しんでもらいました。


ブラホの柵は滑り止めがついていてダイブする時に足が挟まるダイバー泣かせの箱でしたが
楽しいライブでした!



ライブ関連ツイート
Rina1Rina2Rina3

2014/2/16 池袋Black Hole
0. overture
1. まっさらブルージーンズ(裏鰊Ver.)
2. four session(秋刀魚Ver.)
3. voice
4. 凶悪なるクロワッサン~乙女達のダイエット戦争~

拍手[0回]

2014/2/16 オトメ魂。Girl's Pure Soul!@Shibuya Milkyway

2014.02.24 - 合法幼女症候群


今回は久しぶりのオトメ魂。

なっちゃん卒業前にお礼参りという形での参加となりました。


実に9月29日に渋谷DESEOにて大トリを務めて以来の出演。

同じくDESEOではないというのが残念ですが、
懐かしい対盤も多くいて成長の証を見せつけるいい機会になったはずです。



この日はモッシュなどもなくおとなしく観る人が多かったです。
その分、2人の成長を見せつけられたのではないかと思います。

564のMC中の合いの手は成長の姿を見せられず期せずして干し芸のようになってしまいましたw


改めてライブアイドルとしてのロリシンの原点を見つめ直せる良いライブでした。


2014/2/16 Shibuya Milkyway
0. overture
1. four session
2. eien no Labyrinth
3. Punk Death SPANK
4. 凶悪なるクロワッサン~乙女達のダイエット戦争~

拍手[0回]

第1期合法幼女症候群(Natsumi&Rina)の軌跡

2014.02.23 - 合法幼女症候群
Biography

2013年はこちら

2014年はこちら

ライブレポ(一部除く)はこちらのカテゴリーから


セットリスト

2013年8~10月はこちら

2013年11~12月はこちら

2014年1~2月はこちら


共演者

2013年はこちら

2014年はこちら


データ

対盤回数上位10組

1位 2&(12回)
2位 FRUITPOCHETTE(11回)
3位タイ Ma-yu(8回)
3位タイ シブヤDOMINION(8回)
3位タイ リンクス (8回)
3位タイ Fleur*(8回)

その他はこちらの図で。

 


曲別披露回数
70回 four session 
32回 My Precious Life 
75回 凶悪なるクロワッサン~乙女達のダイエット戦争~ 
49回 eien no Labyrinth
47回 Punk Death SPANK 
21回 RebellioN 
26回 RIOT 
8回 voice 
1回 なごり雪 
1回 プレイバックPart2 
1回 Chai Maxx 
1回 紅蓮の弓矢 
1回 A.M.A 
1回 恋人はサンタクロース 
1回 睡蓮花 
1回 Yah Yah Yah 
1回 nerve 
1回 まっさらブルージーンズ 


ライブハウス別出演数
9回 上野BRASH
5回 Birth Shinjuku
5回 新宿MARZ
3回 渋谷DESEO
3回 長堀橋WAXX
3回 滋賀U★STONE
3回 東京キネマ倶楽部
3回 Shibuya BURROW
2回 六本木Be-Hive
2回 表参道GROUND
2回 シダックスよしもとANNEX
2回 日本橋LoveCom
2回 AKIBAドラッグ&カフェ
2回 Twinbox AKIHABARA
2回 morph-tokyo
1回 CLUB PHASE
1回 鹿鳴館
1回 Glad
1回 SHIBUYA-AX
1回 赤坂GENKI劇場
1回 厚木Thunder Snake
1回 下北沢ディスクユニオン
1回 びわこ学院大学
1回 阿佐ヶ谷LOFT
1回 としまえん
1回 新宿RUIDO K4
1回 幕張メッセ
1回 Future SEVEN
1回 関西国際空港
1回 札幌mole
1回 Space Art Studio
1回 渋谷WOMB
1回 duo MUSIC EXCHANGE
1回 赤坂BLITZ
1回 TSUTAYA O-WEST
1回 Show Box
1回 Shibuya Milkyway
1回 池袋Black Hole

計71回

拍手[1回]

2014/2/11 Idol Box@Show Box

2014.02.13 - 合法幼女症候群
  

韓国資本!!!



この日のライブハウス、会場内は某社会主義国の喜び組でも出てきそうな雰囲気。


音も悪い...



場所も微妙なところにあるため面子の割には今ひとつな集客力でした。



それでも良い意味でも悪い意味でもコンスタントな動員力に定評のある564は
この日もそれなりに集結。



そういえば、出番前に外にいた時に
他のアイドルかイベントの運営らしき方が
「今日は(他のアイドルの動員が少なすぎて)ロリシンさんに感謝ですよw」
みたいに話していたようなw



ロリシンはこの日の大トリ。

会場内は着席観覧用に丸椅子が用意されていたため、
564はそれをフロア前方の立ち見スペースに移動させて着席観覧。



そのままモッシュなしスタイルで楽しんだため
久しぶりに汗びっしょりにならないロリシンライブになりました。


冒頭でりなちゃんが
「今日は着席だけどそんなの関係なく暴れて行きましょうと思ったけどみんな座ってるw」
と煽りを透かされて笑っていたのが印象に残っています。



クロワッサンではハニーゴーラン、Ride、
そして1月のキネマ倶楽部でも最前で楽しんでくれたクロスミュージックの子達が
前方まで来て(来させた)観てくれました。


音響、座席等、会場のコンディションは良いとは言えないものでしたが
この日一番の盛り上がりを提供してしっかりと大トリの役割を果たしたと思います。



このジャケットはなんだろう...




全てはこいつが知っている...(画質悪し↓)




メンバーツイート
RinaRina2Rina3Rina4

2014/2/11 Show Box
0. overture
1. four session
2. voice
3. RebellioN
4. 凶悪なるクロワッサン~乙女達のダイエット戦争~

拍手[0回]

 プロフィール 
HN:
KJ
性別:
非公開
 合法幼女症候群 on タワレコ 
NO 合法幼女症候群 NO LIFE
『合法幼女症候群』エモとモエ(萌え)を融合させた新感覚のRinaとNatsumiによる"モエーショナル アイドル
 TOWER RECORDS